陣内俊 プロフィール

カタリスト陣内俊が配信しているメールマガジンのご紹介です。

FVIの陣内俊です。

このたび、FVIメディアルームの新企画として、メルマガ「陣内俊の読むラジオ」を開始します。現代社会で生きる私たちは例外なく、多忙な毎日を送っています。そんな忙しいあなたに、一服の清涼剤として、あるいは上質な暇つぶしとして、まずは楽しんでいただければ幸いです。

このメルマガのコンセプトはずばり「ラジオ」。「読めば聞こえてくる親密な会話」を、読者の皆様と一緒に、作り上げていきたいと思っています。

現代はまた、先の見えない困難な時代でもあります。そのような時代に、電車の中で、会社の休み時間にベンチで、仕事の合間の休憩に、このメルマガを読むとき、皆様に新しい世界観と自己再生の契機を提供できたら、といういささか「小さくて大きな野心」を抱いてこのメルマガを開始いたします。

本メルマガの登録は無料ですが、月額1080円(税込)のつもりで書いています。

これはFVIの、「私たちがただでいただいた良いアイディアを、他者にも無料で分かち合う」という理念にのっとっています。もしこのメルマガを楽しんでいただけましたら、誰か親しい知人に、このメルマガのことを教えてあげてくだされば幸いです。

それがFVIの活動の裾野を広げ、非営利組織である私たちの活動を持続させる大きな力となります。よろしくお願いいたします。

メルマガ購読を申込む

「読むラジオ」FAQ ~よく寄せられる質問~

「ちょっと興味あるけど、メルマガなんて登録したことないし、何か不安、、、」と迷っている方へ。メールマガジンの登録に関して、よく寄せられる質問です。ご不明な点がある方はこちらをご覧ください。

お金はかかるのですか?
かかりません。
紹介文に「月額1,000円のつもりで書いています」とあるのは暗に金銭を請求しているのではないのでご安心ください(笑)。 メルマガを始めるにあたり、勉強のため複数の有料・無料メルマガを私は講読してみましたが、「無料メルマガ」というのは時として、驚くほどやる気のない内容であったり、アフィリエイトの広告だらけだったり、ということがあります。 このメルマガは、無料メルマガにありがちな、そういった「肩すかし」はありませんよ、むしろ、「これならお金を払っても読みたい」と思っていただけるように内容を充実させる所存です、という著者の意気込みとして受け取ってください。安心していただいて大丈夫です。
登録してもメールが届かないのですが、どうしたら良いですか?
おそらく、ジャンクメール認定されブロックされていると思われます。
メルマガは文字数が多くURLリンクがあり、パソコンのアドレスから送られますので、スマホのメルアドで登録した場合は特にジャンク認定されやすいです。お手数ですが、お使いのメールの設定で、以下の操作を組み合わせて行っていただけますと、無事届くようになるかと思います。
・「安全メールリスト」に「shinrabansho@karashi.net」を入れる
・「安全ドメインリスト」に「@karashi.net」を入れる
・「URLリンクつきメール拒否」を解除する
・「PCアドレスからのメール拒否」を解除する
また、設定を有効にするためにデバイスの再起動が必要になることもありますので、よろしくお願いします。
献金を求められたりはしないのですか?
しません。
FVIは非営利の活動団体であり、理念を共有する賛同者や会員の方々からの支援金(募金)で運営しています。このメルマガのなかでも支援のアピールはさせていただいておりますが、献金を強要、要求するようなことはいっさいありませんのでご安心ください。
どんな内容が届くのですか?
紹介文にもありますように、テーマは時事ネタからお笑い、デジタルガジェットから「森羅万象、あらゆること」に及びます。毎回2万字~3万字の特大ボリュームでお送りしており、十分な読み応えがあり、読者にもご好評をいただいています。

◎参考リンク(2017年3月28日配信号、メルマガチラ見せ)
「メルマガチラ見せ」リンクを開く

◎サンプル目次「2017年3月21日配信号 目次」
////今週の目次//// 1 今週の「ブログでは言えないこと」~震災から6年~
2 【新コーナー】「今週の時事ネタ」~森友学園問題について~
3 Q&Aコーナー
4 陣内が先週読んだ本 3月第二週
5 編集後記
6 次週予告
7 活動媒体の紹介
8 【PR】支援者を募集しています
9 退会の方法

◎「陣内俊の読むラジオ」アーカイブブログ(6ヶ月以上前の配信記事を公開します)
リンクURL:http://blog.karashi.net/
メルマガの他にも広告が届いたりしませんか?
ありません。
プライバシーポリシーにありますように、ご登録されたメールアドレスが、FVIの他の活動を含め、メルマガ送付以外のことに利用されることは一切ありませんのでご安心ください。
「自分だ」と悟られないように読みたいのですが、、、
メルマガ登録のときにニックネームをお使いくだされば、誰がメルマガを読んでいるか、を特定されることはありませんのでご安心ください。編集者の陣内はメールアドレスを目にすることが出来ますのでそれもいやだ、という方は、Gmailなどのフリーメールアドレスを新しく取得してご登録していただけますと、陣内にも「登録した」ことを知られずに講読できます。
(そこまでして知られたくない人がいるのかどうかは疑問ですが笑)
どうせ無料ならば、なぜブログなどの形で一般公開しないのですか?
私は9年間、無料公開のブログを書き続けていますが、ブログとメルマガは似ているようで違うメディアです。ブログは人混みの中、拡声器で話すような、無差別的な発信ですが、メルマガは「登録」という玄関を通っていただくので、「暖炉を囲む会話」を聞いているような親密度と共同体意識が生まれます。これはもう体験していただくしかないので、ぜひ試しにご登録して読んでいただけましたら分かっていただけるかと思います。読んでみてつまらなかったら即日、退会していただけますので笑。
全部読まなければいけませんか?
そんなことはありません。
メルマガはメール「マガジン」つまり、「雑誌」です。雑誌を一字一句、隅から隅まで読む人というのはむしろ例外的で、自分に興味のあるところ以外は流し読みするのが雑誌の正しい楽しみ方です。このメルマガもそのように、お暇なときに興味のあるところだけ流し読みしていただけたら幸いです。
遅配や休刊はありますか?
あります。
あまり高らかに宣言することではないですが(笑)、体調上の理由や執筆スケジュールがどうしても取れない、などの理由で休刊、遅配はやむをえない、ということもありますのでご了承ください。ちなみに2月末から4月第一週までの2ヶ月間(001~008号)で、遅配、休刊は一度もありません。だからといって未来においても「ありません」と断言する勇気はありません笑。

メルマガ購読を申込む